受講生の一年

受講生の一年(年間授業)

授業の構成

前期13週、夏期5週、後期14週、そして12月中旬からの直前対策授業で構成。充実した授業時間数、授業内容で受験生を鍛えます。1週は月曜から金曜までの5日間、後期終了までの総授業時間数は960時間(週テストを含む)と圧倒的です。
※土曜日は、苦手科目の底上げ、得意科目のブラッシュアップ、小論文、センター国語のための選択講座があります。

前期授業(4月~7月)

4月~7月の13週で構成。基本の整理から応用への展開まで、夏以降のステップアップに備えた指導を徹底的に行います。

夏期授業(7月下旬~8月末)

7月下旬~8月末の5週で構成。1週間を一区切りとして、それぞれの最終日にまとめテストを実施。各教科とも、内容を深く掘り下げた集中授業により、基礎の徹底と応用力の養成をはかります。特に理科は前期授業と夏期授業で、入試に出題される全範囲を一通り学習します。

後期授業(9月~12月)

9月~12月の14週で構成。各科目とも応用力養成のための期間と位置づけ、徹底した演習と解説で答案作成力をブラッシュアップします。

冬期授業(12月中旬~センター試験)

12月中旬からは、生徒それぞれに作成した受験カレンダーをもとに、受験校別対策を柱にした冬期授業を展開します。

直前対策授業(センター試験後~直前)

受験期には、受験校の特別対策を個別授業で実施します。

模擬試験

全国規模で実施される模擬試験から、必須受験または選択受験を指定して実施します。創医塾を準会場とする模擬試験もあります。

模擬(面談)試験 受験指導、生活指導の面談を随時実施

ご家庭との連絡を密にし、体調や精神面の微妙な変化も見過ごしません。

健康診断

創医塾京都は、受験生が疎かにしがちな体調管理、健康管理に十分に目を配ります。前期授業終了後に提携医療機関で健康診断を実施して、生徒の健康管理をしっかりバックアップします。

コーチング

年間を通じて面談をこまめに行っても、成績管理を綿密に行っても、受験生特有の悩みは尽きません。学習スケジュール、モチベーション、テストや模擬試験の成績、そして受験そのものへの意識や意欲の変化。親、先生、スタッフにもなかなか相談しづらい問題をクリアするために、創医塾京都ではプロのコーチによるコーチングを月1回のペースで行っています。コーチング内容は秘密が守られ、コーチとの信頼関係のもとで、じっくりと自分の針路について話をする時間を持つことができます。創医塾京都では、受験生の悩みを理解しているからこそ、そしてそれが受験に大きく影響することを知っているからこそ、このコーチング制を受験生に活用してもらいながら、受験に臨む万全の体制を構築します。コーチングについての詳細は創医塾京都にお問い合わせください。

PAGE TOP