1浪目に大手予備校で全落ち

大手予備校で国公立を第一志望に1浪するが全落ち。創医塾で大阪医大合格。

入塾まで

大手予備校Sで1年浪人、国公立大も私立大も不合格になり創医塾京都に。自分の勉強の仕方にこだわりがあり頑固なタイプだが、一方で浪人しての「全落ち」で自信を失っている状態だった。

入塾の経緯と入塾後

Tくんは大手予備校Sで1年を過ごしましたが、センター試験の得点率が現役時と同じで伸びておらず、何校も受験した私立大が全て一次落ちだったため、これ以上大手予備校にいても結果は出ないと見切りをつけて創医塾京都に入塾しました。入塾後は国公立大を目指しながらも今年でケリをつけるのだという決意の元、私立大対策も計画を立てて十分に行うなど講師やSSの激励を受けて努力していました。

受験の結果

大阪医科大学合格

センター試験に不安があり私立大に絞った方が良いと本人も理解し、私立大対策を万全に行いながらも「国公立大の夢を捨てさせないでください」と言っていたTくん。結果的に私立大は5校に合格しましたが国公立大は不合格でした。それでも「地方国公立大なら関西圏の私立大に進学したい」という当初の希望を叶え、満足して大阪医科大学に進学しました。