レギュラー授業

レギュラー授業

レギュラー授業7つの特色

創医塾京都に設置されているレギュラー授業(集団授業)の7つの特色のご説明です。

他に類を見ない、必須科目の圧倒的な授業時間数

1日6時間+α、週5日。前期13週、夏期5週、後期14週(12月上旬まで)の 全32週。
12月中旬からの直前対策授業を除いて計960時間に及ぶ圧倒的な授業時間数。
さらに、土曜日は、苦手科目の底上げ、得意科目のブラッシュアップ、小論文、センター国語のための選択講座があります。

理科を得点源にする

特に理科は、前期・後期とも週に1科目6時間、夏期は1科目36時間のボリュームで徹底的に指導。
センター試験から私立大、国公立大2次試験までを完全にカバーします。

週単位で成果をチェック

毎週全ての科目で、前週の学習内容の定着をチェックする『週テスト』を実施 。さらにテストのフィードバックを毎週行います。授業、テストの受けっ放しをなくします。

毎日授業前には朝テスト

毎日授業開始前に『朝テスト』を実施。英単語、英熟語、数学小問演習で知識の定着と授業前のウォーミングアップを図ります。

英語の「音対策」

リスニング講座を毎日実施。毎日授業後に英語リスニング講座を設定。英語耳の構築からセンター試験のリスニング対策まで、英語の「音対策」への対応は万全です。

的確な小論文指導

小論文対策は、聴講するだけの講義式だけではなく、演習・添削を行い書く力を最大限に磨きます。さらに、個別授業でも対策することができます。

コーチングで迷いをなくす

月に1度のコーチングで、目標意識の維持と阻害要因の排除をサポートします 。自己管理能力を醸成していくことが、受験以降にも大いに役立ちます。

PAGE TOP