滋賀医科大学 学校推薦型選抜の際立った特徴

滋賀医科大学の学校推薦型選抜は他大学の医学部推薦入試と比べて際立った特徴があります。それは「小論文・面接試験が共通テストより前にある」という点です。
多くの大学の推薦入試が、
出願→共通テスト(1月中旬)→小論文・面接(1月下旬から2月上旬)→合格発表(2月中旬)
となっているのに対して、滋賀医科大学は
出願→小論文・面接(12月中旬)→共通テスト(1月中旬)→合格発表(2月上旬)
となっています。この試験日程が合否判定に大きく影響します。順番が逆になっただけ、という単純なものではありません。
小論文・面接から合格発表までの期間を見れば一目瞭然ですが、小論文・面接試験から共通テストまででも1か月、合格発表まで2か月もあります。その間、じっくりしっかり内容を吟味して判定することができるわけです。
この点をきちんと理解しておかないと誤解と誤謬に満ちた対策に終始してしまうことになります。逆にいえば、誤解や誤謬のない対策をしっかりと行うことによって合格可能性はぐんと高まるのです。

滋賀医科大学 学校推薦型選抜に関するさまざまな誤解と攻略のポイント

「推薦入試は結局共通テストで決まる。小論文や面接は付け足しにすぎない。」
推薦入試についてよく言われることですから聞かれた方も多いでしょう。しかしそれは推薦入試における小論文の位置づけを知らない、あるいは過小評価した言葉です。
小論文・面接から合格発表まで2か月もある滋賀医科大学の学校推薦型選抜では小論文・面接の評価はかなり重要であり、次のように考えなければならないでしょう。
「滋賀医科大学の学校推薦型選抜がほぼ共通テストだけで決まるように思えるのは、小論文の対策が万全でないまま試験を受け、出来が悪くて結果的に共通テストで決まってしまう受験生が多いからであり、小論文・面接の対策を入念に行えばより高い評価が得られる、あるいは逆転が可能だ。」

「滋賀医科大学の学校推薦型選抜は滋賀県の受験生が圧倒的に有利で、他府県の受験生は不利だ。」
確かに学校推薦型選抜の定員35名中21名が滋賀県出身者枠です。しかし、残り14名については関係ありません。創医塾京都の対策講座を受講して合格を勝ち取ったのは、他府県出身者の方が多いのです。ある有名私立進学校の先生が上記のようにおっしゃったのを聞いて、その高校でさえそんな認識なんだと唖然としたことがあります。この14名についてそのようなことがもしもあるとすれば、それは滋賀医科大学入学を目指して小論文・面接対策をしっかり行ってきたかどうかの差でしかありません。
そして志願理由書もまた、評価に際して大きな要因となりますが、志願理由書の意味をよく理解しないまま漫然と書いて出願する受験生が非常に多いのが実情です。
もとより1600字もある志願理由書を文章構成もよく考えずに漫然と書いていたのでは評価が低くなるのは当然です。もちろん文章の構成は重要ですが、志願理由書の重要なポイントは別のところにあります。なぜ推薦入試の志願理由書に1600字もの文章が要求されるのか、それを考えずに「医師志望理由」や「将来どんな医師になりたいか」が大半を占める文章を書いていたのでは評価が高くならないのもまた当然です。

滋賀医科大学 学校推薦型選抜を受験する場合の「あるべき考え方」

共通テストの後に小論文・面接を受験する場合、共通テストの自己採点が悪いと落胆の中で小論文対策を行うことになり、また前期入試のことも気になって仕方がないので身が入りません。共通テストの自己採点が良ければ良かったで気持ちが浮つくので、これもまた身が入りません。しかも対策期間が短くて充実した対策ができません。
滋賀医科大学の学校推薦型選抜を受験することに決めたらすぐに小論文の対策に入ること。それが合格に直結します。共通テストの結果に左右されることなく小論文と面接を受けることができるのは精神的にも楽なはずです。
その上で、共通テストの対策を万全に行うことが大切です。

創医塾京都の対策講座は1st Stageと2nd Stageに分かれていますが、毎年「小論文の対策は直前で良い」とばかりに、2nd Stageだけを受講する人が大勢います。少し練習すればしっかりした小論文が書けるようになる人はそれで良いかもしれませんが、大半の受験生はそうではありませんから、非常に不安な状態で試験に臨むことになります。そして結果として共通テスト勝負になってしまうことになるのです。

対策講座を2つのStageに分け、添削指導も行って3か月に渡って対策を行うことには大きな意味があるのです。

滋賀医科大学の学校推薦型選抜を受験するみなさんのご参加をお待ちしています。

滋賀医科大学
学校推薦型選抜対策講座

 滋賀医科大学学校推薦型選抜試験は「小論文・面接」試験と大学入学共通テストによって選抜が行われます。滋賀医科大学の推薦型選抜が他の国公立大の推薦入試と大きく異なるのは、共通テストより前に「小論文・面接」試験があることです。共通テストの成績が土台になるのはもちろんですが、合否判定に占める割合はそれほど大きくありません。実は、小論文と面接の出来が合否に大きく影響します。
 一般に推薦入試は共通テストで決まると言われますが、それは共通テスト後の期間が短くて小論文・面接の対策が十分にできないために、差をつけられる評価が得られないからです。
とすれば、共通テストの結果に惑わされずにしっかり対策できる時間がある滋賀医科大学の推薦型選抜は、共通テストの一発勝負に賭けることなく受験ができる入試だといえます。
 創医塾京都には過去20年分以上の滋賀医科大学推薦入試問題の蓄積があり、それを基に徹底的に小論文の対策を行うことができます。今年度も滋賀医科大学の推薦型選抜合格を目指すみなさんのための対策講座を計4回開催します。
 創医塾京都が自信をもってお勧めする特別講座です。

滋賀医科大学 学校推薦型選抜対策講座ガイダンス

8月28日(土) 14:00 ~ 15:30  参加費:無料

滋賀医科大学の推薦型選抜試験には独特の特徴があります。推薦に当たって大学が高校に求めるもの、受験生に求めるもの、評価の観点、志願理由書、推薦書のポイント、小論文の出題内容、面接の内容など、出願に際してあるいは対策を行うに際して知っておかなければならないことをガイダンスでしっかりと説明いたします。滋賀医科大学学校推薦型選抜試験を受験される方、受験を検討されている方は是非ご参加ください。

1st Stage 『万全の準備編』

第1回  9月19日(日)13:00 ~ 17:00

第2回 10月 3日(日)13:00 ~ 17:00

受講料:各回24,000円(消費税別)

<講座内容>
第1回 ① 滋賀医科大学推薦型選抜試験の特徴と攻略法(小論文)
    ② 小論文演習(添削指導)
第2回 ① 滋賀医科大学推薦型選抜試験の特徴と攻略法(面接)
    ② 小論文演習(添削指導)
※ お申し込みいただいた方には、『滋賀医科大学推薦型選抜/小論文問題』過去10年分を差し上げます。

添削コース

1st Stageにお申し込みいただいた方を対象に、志願理由書および小論文過去問の添削指導コースを設定しています。
1600字で書く志願理由書をしっかりした構成で書ききることのできる人は少なく、添削指導では何度も書き直す人も少なくありません。また志願理由書も小論文も評価側の視点に立った記述が必要ですが、適確な指導をしてもらえない人が多いのが実情です。
対策講座の受講と併せて添削コースを是非お申し込みください。

指導期間 お申し込み完了時から12月12日まで

費用 18,000円(消費税別)

指導回数 期間内無制限

 

2nd Stage 『鉄壁の直前対策編』

第1回 11月 7日(日)13:00 ~ 18:00

第2回 12月12日(日)13:00 ~ 18:00

受講料:各回24,000円(消費税別)

<講座内容>
① 小論文演習(添削指導)
② 模擬面接

2nd Stageのみを受講していただくこともできますが、内容は1st Stageを土台にした発展編ですので、1st Stageから受講していただくことをお勧めいたします。

 

お申し込み
Application


ご住所(必須)
-

お申し込み内容(必須)※複数選択可
ガイダンス1st Stage(第1回)1st Stage(第2回)添削コース2nd Stage(第1回)2nd Stage(第2回)その他お問い合わせ